味噌汁のように生きる

楽に生きよう。適当に。 間違うことも失敗することも色々あるけど。適当に。

夫のプラモを売らせているのはTwitter民なのでは?

スポンサーリンク

f:id:gobo05:20181105141525p:plain なんか定期的に、夫のプラモ売られますよ的なクソTV番組がやってますけど。

これTwitterでクソ反感うけてるのに、やってるのってどういう事なのって思いまして。

仮説を2つ立ててみる。

バズらせてるからまたやってるんじゃないの説

悪名は無名に勝るとかいいますけども。

バズらせちゃうと、そもそも人気が出ちゃうんですよね。

You TubeもDislikeがつけばつくほど、何やら盛り上がってんぞって流れになるシステムらしいですし。言わば炎上商法ですよね。

どんな形でもバズっちゃえば、それが炎上だろうがなんだろうが制作サイドには対してデメリットがないわけですよ。

ぶっちゃけテレビの人たちなんてメンタルクソつよなんで、バズってればどっちに転んでようが問題ないんでしょ。

実質、Twitterでバズることでリアルタムの視聴者が増えれば制作側は万々歳なわけだし。

ツイートしてるTwitter民も、「怒りを表現」してるようで、「腹立つメディア」を利用して自分たちがバズる事に快感を覚えてる可能性もある。

そうだとすれば、Twitter民がいわゆる「腹立つ番組」を育てちゃってるって事なんですよね。ツイートしてる本人がどういう意図か知らんけど。とりあえず、受け取る側は、腹が立つなら反応しないって選択が最良かと思います。

2ch時代は「バカはスルー」が基本だったけど、Twitterってみんなバカに反応しちゃうんですよね。あの反射的にボタンひとつで反応出来るシステムの問題なのか、それとも時代の流れなのかは知らないですけど。

もっとスルースキル磨いても良いのではなかろうかとか。

Twitterにそんな影響力がない説

オリンピックのボランティア問題もそうだけど、TwitterやYou Tubeであれだけ騒がれてたのに、ちゃんと定員数集まったとかで。

結局ネットで騒いでる方向性と世間の考えってズレちゃってるんじゃないの説なんですが。

たぶんこっちが濃厚くさい。

たしかに最近は小さくビジネスが成功する時代になってきてるから、オンラインサロンやらなんやらもそうだけど1000人、1万人の盤石なファンを獲得してしまえば一つの経済圏が形成されるようになってきてる。

だからTwitterの影響力ってのは馬鹿にならないのは事実だけど、国みたいな大きい単位で見るとまだまだ少数派なのかも。

言っちゃえばバズるっていっても1万、10万のバズり、よく考えりゃ1億3千万の人口の何%やねんって話で。

所詮ネットの意見なんて、まだ小さいんだろうなぁ。

嫌悪するものは「無視する」に限る

ぶっちゃけ後者の説の方が有力かと思うんだけど。

前者の仮説が有効な場合、本当にそういうTV番組に嫌悪するなら、バズらせちゃだめ。

「無視」

これに限る。スルースキルを磨いていきましょう。

そしてプラモを捨てるバカ嫁!

他人の問題を自分の問題にすり替えるな。

アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)

アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)