味噌汁のように生きる

楽に生きよう。適当に。 間違うことも失敗することも色々あるけど。適当に。

【生き残り戦略】画力アップのために月イチ改善を徹底する

スポンサーリンク

f:id:gobo05:20181115133747p:plain

www.youtube.com

上の動画を見た感想と、Todoにどう落とし込むか考えてみます。

生き残れる会社は「月イチ改善」をやっている

会社経営の話ですけど、個人クリエイターも十分当てはまる事ですね。

とにかく変化しないとダメ。

これは「仕事はたのしいかね」にも書いてましたね。

じゃあ絵かきとしてどうすりゃいいのかってのを考えてみます。

絵描きとして画力のために出来る事

ボクは商業絵描きなんですけど、絵の世界ってアホみたいな才能があふれ返ってるんで、なんか勉強すべき課題が全然わかんなくなっちゃったりするんですよね。

とりあえず画力を中心に考えますけど、画力の定義も曖昧なんで、ぼんやり「絵をうまく表現する技術」とでも捉えてください。

ここで細かい定義してると話がとっちらかるんで。

苦手の克服

まずはやっぱり苦手の克服でしょう。

でかい才能に触れると忘れがちですけど、結局技術なんて、自分との勝負でしかないんで

苦手なのがわかってる事を放ったらかしにしてると、いつまでたっても伸びませんわ。

苦手な事をすべて書き出す

まずやるべきことは、描くのが苦手なものをすべて書き出す。これですね。

普段描いてて苦手なものから、全く描けないから苦手なものまで全部書き出す。

言い訳なしでメモ帳に書き出して、客観視することで見える事も出てくるでしょうし。

とにかく全部書き出す。

月に2-3つの課題を容易して毎日模写

それで、出てきた課題を1-3つ選出して、毎月の課題にしてみましょうか。

1つじゃない理由は並行学習のメリットを得るためです。

並行学習とは…なんか複数の関連してるものを一緒に学習するほうが、互いの違いを認識して記憶定着がよくなるよ~ってやつです。詳しくはぐぐって。

なので、最低2つ。

これを毎日15分ずつ程度でいいから、継続すればまぁ間違いなく1ヶ月後には、ある程度描けるようになってるでしょう。

課題の選出のコツ

課題を選ぶコツですが。パレートの法則よろしく、自分の絵に対する影響が大きいものから始めるといいと思います。

パレートの法則とは、利益のほとんどは2割の要素が作り出してますよ~みたいな話です。詳しくはぐぐって。

影響力、まぁキャラクター絵を描いてる人なら、顔でしょう。まずは。

その後は人体を構成するパーツが中心になると思います。

パーツバラバラに勉強するとプロポーションがおろそかになるので、プロポーションも一つの課題ですよね。

影響力の高い課題をしっかり把握して、課題を選んでくださいね。

新しい技術の獲得

絵描きは基本、絵を描くのが仕事ですけど、ピカソは彫刻もやってますし。世の中にはイラストレーターだけじゃなく、デザイナーって仕事もありますよね。

絵描きの能力って、絵を描くこと以外でも鍛える事が出来るし、多面的に見るのも大事だなって思うわけです。

色塗り一つとっても、塗り方は色々ありますよね。
そういう表現の幅を広げるのもいいと思います。

3DやLive2Dみたいな技術をマスターしておくと
仕事や、提供出来るコンテンツの幅も広がります。

新しい技術の獲得はクソだるい作業ですが。

今ある技術の延長として苦手を克服していくより遥かに目に見えて変化がでてきますので、楽しみは大きいと思います。

問題は最初。最初は本当に実際に手を動かす段階に行けず、教本や、動画教材を見る時間になってすごく無駄な感じが大きくなりそうですけど、そこさえ乗り越えればどんどん成長できるから。

とにかく一ヶ月、やると決めたらやり通してしまうのが重要でしょうね。

おすすめは3Dですね。作業効率がめちゃくそ上がりますので。

特定のジャンルに詳しくなる

これもオモシロイかも。

絵かきとして幅を広げるために、漠然とあらゆるものに目を通すより、一つ何らかの専門性を身に着けてしまう方が圧倒的に武器になります。

今、FGO流行ってますけど。FGO全体で学ぶより、好きなキャラクターの元ネタとなってる神話や歴史をとことん知り尽くすとかね。専門性が一つあれば、その手の作品を描ける人っていうイメージを世の中に示せるので、ブランド力になって仕事を得やすいですよね。

後は、少女マンガを読むみたいなのもありかも。自分が普段読まないジャンルの世界にどっぷり浸かれば、100%刺激が得られますからね。

「自分はその方向の作家じゃないから」なんて考え方してると、結局その世界の二番煎じにしかなれない。少女漫画を読み込んだ人が青年漫画描けばそれはそれで、またオモシロイものになるでしょうし。

どうやって今自分が持ってるものと化学反応を起こして、相乗効果を得るかって事でいえば、特定のジャンルに一ヶ月どっぷり浸かるってのは面白そうですね。

一回使っちゃって楽しければ自然に継続出来ますし。そのジャンルにとにかく詳しくなるというよりは、ハードルを取り除くだけでも、メリットは大きそう。

最後にまとめ

ひとまずこんな感じですかね。

とにかく「月イチ改善」というか「変化」、大事ですね。

人間ってほうっておくと居心地のいいレベルでとどまっちゃう生き物なんで、とにかく変化をするためには、毎月1つ、課題を決めてしまうってのはいい方法ですよね。

ボクも何度かやり方は模索していたものの、結局なぁなぁになっちゃってる事があるんで、今月はもう半月しかないですけど、今日からすぐ取り描かれるものを探して、やってみようと思います。

そいでは、この辺で。