味噌汁のように生きる

楽に生きよう。適当に。 間違うことも失敗することも色々あるけど。適当に。

やりたいことが見つからない原因と対策

スポンサーリンク

f:id:gobo05:20181114185441p:plain やりたい事がない。ってのは大学生の頃のボクの一番の悩みでした。

そんなわけで、就活は地獄でしたよ。鬱ってああいう状態を言うんだと思います。

何やら、若い子のやりたいことがない問題は結構大きいみたいですね。

ボク自身も経験者なので微力ながらアドバイスをば。

原因は圧倒的なインプット不足

原因は圧倒的なインプット不足です。

自分の世界にこもってればやりたいことなんて絶対に出てきません。

とりあえずなんでも良いから、頭にぶち込む。まずはそこから始めましょう。

漫画でもYou Tubeでもいいんで、幅広く世界を知る事から始めるんです。

雑学でもいいし、スポーツや科学、歴史、どんなものでもいいから選り好みしないで知り続ける。そうすれば自分が心底「面白い」と思うものに出会えます。

LINEばっかてるんじゃないですか?ストーリーのないスマホゲームばっかしてませんか?目的のないネットサーフィンしてませんか?大衆向けのニュースサイトでゴシップばかり読んでませんか?

本気で悩んでるなら、一旦これらをやめて、フィクションでもノンフィクションでもいいので情報を浴びまくってください。

おすすめはフィクション

ボクは圧倒的にフィクションをおすすめします。

フィクションを読む事の効能については何度かこのブログでも書いて来ましたけど。

今回の話にぴったりな効能は

  • 好奇心を育てる

という部分ですね。フィクションには好奇心を向上させるというデータがあります。

まぁこれはぶっちゃけノンフィクションでもストーリー性のあるものなら(ノウハウ本などはダメって事です)なんでもいいんですけどね。

漫画読んでみればいいんじゃないですかね。

個人的におすすめはオーディオブックですね。いつでも聞けますし、目も疲れないので。

とにかく自分の枠を出るために物語を利用してみてください。

情報量が増えればやりたいことはすぐみつかる

ぶっちゃけ情報量が多くなれば、「やってみたい事」は自然に見つかってきます。

「やりたい事」 を見つけるためには、後はここで止まらず実際にやってみるしかないんですけどね。やらなきゃ「やってみたい事」止まりなので。

まずはやってみたい事を見つけるために、大量の情報にふれる事。

最後に。

「自分には無理」と思わない事です。

基本的にね。イチローになろうとかそういう事考えなきゃ、世の中の人間がやってる事なら誰でも出来るようになるんですよ。

プログラミングだろうが、アートだろうが、反復で成長するんですよね。ただその回数が多いか少ないか、そしてその行為を好きにあんっていかに多くの情報を集められるかってのが肝なんで。

他人との相対比較で「才能がない」なんて言ってちゃもったいない。

そもそも、他人の努力量なんて測れないのに「才能」を定義するのがおかしくないですか。

とりあえずやってみる。

情報浴びまくって、やってみたい事みつけて、トライしましょう。

そいではこの辺で。