味噌汁のように生きる

楽に生きよう。適当に。 間違うことも失敗することも色々あるけど。適当に。

漫画は読書に入る?の答え

スポンサーリンク

f:id:gobo05:20181104123422p:plain 先に結論を申しますと。

漫画は読書に入ります。

といっても読書の目的が曖昧だと話が進まないので先に読書のメリットを考えましょうか。

読書の目的

読書の目的っていろいろあると思うのでざっとまとめてみます。

  • 知識と情報
  • 疑似体験/経験
  • 気づき
  • 単純に楽しい

こんなところでしょうか。

知識と情報は言わずもがな、本にはあらゆる情報が入っているので、歴史や科学、ニュースや専門分野の知識と幅広く得られます。

次に経験。これは、自分以外の人間の経験を疑似体験する事が出来るという事です。
あらゆるシチュエーションや、自分が行けない場所、行ったことのないについてなど、本を通して経験出来るので、知見が広がります。

最後に気づき。自分の状況と照らし合わせて、本からアイデアをひらめいたり、問題解決のきっかけになったり、そういった気づきが得られるのも読書の利点です。

人間の悩みの大半はすでに先人が体験しているので、本を読む事でかなりの問題が解決できちゃうんですよね。

最後の楽しいは、楽しくなきゃそもそもやる意味がないのでつけときました。どうしても嫌なら本読まなくていいと思いますし。読書はそもそもエンタメなので、高尚なものでもなんでもないんですよ。所詮こんなもん娯楽ですからね。つまり楽しい。

読書ってメリットでかいです。

漫画が読書になる理由は?

率直に言えば、上に書いたメリットが漫画から得られるかどうかという話ですが、得られますよね。

誰がなんと言おうと得られます。

知識や情報は、単純に専門分野をネタにした漫画からなら十分な知識が得られます。

ボクは薙刀なんてさっぱり知らなかったけど、あさひなぐを読んで知りましたし。

野球の知識も「おおきく振りかぶって」や「ダイヤのA」「H2」などで学びました。

その他、ビジネスや経済ならインベスターZも、今読んでますけど知らな方事や起業家の考えなど面白い知見に出会えています。

経験は言わずもがな。ファンタジーなんてなおさらですが、現代に生きてると経験できない経験ができますし。

リアリティのある作品でも、社長の立場を経験できたり、裏の世界を経験できたりと、漫画は幅広いジャンルをカバーした文化なので視覚効果も相まって面白い経験ができます。

最後に気づき。これは本人次第ですが、問題解決のノウハウがしっかり理解できてる人なら漫画だろうがアニメだろうが、ドラマだろうが何からでも学べます。本人の発想力次第なので。

それに直接的な気づきがほしいならその分野の漫画を読めばいいだけなんですよね。ワンピースからビジネスの基本は学べないけど、インベスターZや島耕作でも読んでりゃ何か見つかるかもしれないし。

漫画で「読書」するメリットデメリット

漫画を読む事で、学ぶ。つまり漫画で「読書」するメリットとデメリットですが。

まずデメリット。

  • 余計な情報が多い

これにつきるでしょう。言わずもがな。ストーリーを勧めなきゃいけないので余計な情報に時間が割かれるのは仕方ない事です。

しかしストーリーには感動が伴うもの。感情は記憶定着にとって大事な存在です。

時間の代わりに心に残るなら、メリットとも言えるのではないでしょうか。

次にメリット。

  • 楽しい
  • 感情が動く
  • 疑似体験

本人が楽しいかどうかは何かを学ぶ上で、非情に重要ですよね。

感情が動くことの重要性は先に書きました。これも楽しいという感情と繋がる部分はありますが。何にせよ感情の変化ってのは記憶にとって非情に重要な要素なんです。

疑似体験、これは読書の定義をしたところとかぶりますが、フィクションは疑似体験によって好奇心の向上や、共感力の向上など様々なメリットがあると言われています。

知見を得ながらこういったメリットが享受出来るのは漫画で読書する、大きなメリットとなります。ビジネス書にこのメリットはありませんので。

とくに共感力はコミュニケーションを取る上で重要な能力ですので、漫画を通して鍛えておいて損はないかと。

学びを固く考えるべからず

意識高い人は、漫画や小説を否定するけど。それはフィクションのメリットを理解出来てない。情弱の意見だと一蹴してしまって良いかと思います。

意識高いくせに自分が発信してる事に対して情弱になっちゃってるとかもう残念至極ですよ。

漫画はめちゃくちゃ使えるので、上手く使ってください。専門書を読む前に、その分野の漫画を読むとか、めちゃくちゃ使えますよ。はじめから専門書だと頭がパンクしちゃうって人は先に漫画を読むのをおすすめ。探せばどんなジャンルでも、きっと一作くらい作品がありますので。

情報収集(インプット)を学校の勉強と同列に語っちゃだめです。楽しく学ぶ方法なんて現代には大量に転がってるんですから。

最近はYou Tubeで勉強するって人も増えてきてるみたいですし、実際ボクも使ってます。

漫画やYou Tube、オーディオブックやpodcastなど、使えるものをうまく使えば、活字が苦手な人も効率よく成長できるはずです。

ただ、活字にもメリットはあるんですよね。特にストレス解消効果は大きい。まぁそれは別の機会に。

とにかく。
漫画は読書に入りますか?の答えは、入ります!って事で。

そいではこの辺で。