味噌汁のように生きる

書評レビュー中心の雑記ブログ。仕事術とか健康関連の本を読む事が多いです。

THE RING 推理小説だったのか。

Penguin Readers: Level 3 THE RING

Penguin Readers: Level 3 THE RING (Penguin Readers, Level 3)

Penguin Readers: Level 3 THE RING (Penguin Readers, Level 3)

評価5/10

途中で、推理小説だったのかと気付かされる。 ミステリー苦手だわ。 面白いと思えない。

言っちゃなんだけど、犯罪のトリックつくって、後はキーになるものを前提に散りばめるとそれっぽくなっちゃうのに、それしかやらないと物語の楽しみが無いというか。

実際、今回も結局イカれた男はなぜイカれたのかって話なんだけど、イカれた事をしたか、イカれるようなものを見たかのどっちかって事になる。その理由をミステリーとして語られてもなぁと。

論理的にこれがこうであるから、と読み進めるのを楽しいと感じなかった。 人気が高かった作品だったけど、僕はさっぱりでした。

ネタバレあるよ!

ラストにイカれた理由を告白するシーンがあるんだけど。 同情の余地がないんですよね。

可愛そうな男、ならあぁ…ってなるものの。 全部こいつのせいじゃねぇかって。

それを悲劇として可愛そうって思えるならいいんですけど。
人を殺そうとして、結局好きだった人も殺しちゃって頭がおかしくなっちゃいましたって。
人を殺そうなんて考えるからだろ…って。

この話誰に感情移入したらええんじゃ!
ってなりまして。 最後のトリック明かしを読むのが苦痛。

こっちも作品書いてる人間としては トリックの伏線なんて後付だって知ってますからね。 よっぽど面白くないと興奮出来ない。
すごいとも思わない。理屈がわかれば誰でも出来ますからね。 面白いものを思いつくのは別の話ですけど。

ミステリーの面白くなさ。アレはこうだったのさ!!! がどうしても。 「そうですか。」くらいになる。

トリック考えて伏線散りばめて、その伏線に気づかれないようにするわけで、でもミステリーだとわかって読み慣れてっちゃうと、それもなくなりそうだし。

後に起こる事がわかっても面白いってのはホントに大事な事だと思うんですよね。おじさんは。 つまり、理屈より感情。

心底Raphaelに同情するストーリーだったら楽しかった。過ちを犯してしまった時点でRaphaelには微塵も同情しないんですよ。

僕だったら。 Soldierが本当はクソ悪い男で、Anitaを都会に連れて行って人身売買しようとしてるのをRaphaelだけが知ってたみたいな話なら、納得したかなぁ。 とにかくSoldierが殺すに値する男じゃなければ、Raphaelの行動は常軌を逸した行動としか思えないんですよね。まぁわかんない。それほどまでに人を好きになるなんて経験が無かったせいかもしれないですけど(笑

ともかく個人の感想としては、
感情移入出来ない理由が、自分の未熟さが原因で、心変わりしたAnitaを取られた腹いせに殺そうとするって、醜すぎて同情の余地無し。 Anitaは馬鹿女でしたけど、それでも殺されるような事はしてないのに、バカな元彼のせいで死んじゃうって相当同情しますけど、Anitaはこの作品の主観対象じゃないのでね。

なんとも。 人気作だけに期待してたんですが。やっぱ作品の合う合わないは人それぞれなんだなぁって。