味噌汁のように生きる

楽に生きよう。適当に。 間違うことも失敗することも色々あるけど。適当に。

My Weird School #19: Dr. Carbles Is Losing His Marbles!

スポンサーリンク

My Weird School #19: Dr. Carbles Is Losing His Marbles! (My Weird School Daze)

My Weird School #19: Dr. Carbles Is Losing His Marbles! (My Weird School Daze)

Dr.Carblesこえー。

Can I be Frankの件が笑えた。

でもこれ意味がわかんない。正直になるとか、率直に言う って意味だとは思うんだけど。
A.JがFrankって名前になりたいんだと思いこんで、CarblesをFrankって読んで最後には怒られるっていう。

やっぱこのシリーズは面白い。

多読の近況

ゲームの英語が地味に読めるようになって来たことと、最近ゲームの脳トレ効果についてまとめてたので、ゲームで英語勉強しとります。

そのせいでちょっと多読のペースが更に低下。 iknowで単語をカバーしつつ、ゲームで遊びながらって感じ。

まぁでもこれだと非効率なんで、ゲームはほどほどにして、多読に集中した方がいいかもですね。

やってるのは、Shadow of warってゲーム、Steamのサマーセールで購入しました。フル英語だとたぶんストーリー部分はついていけないのですが、日本語音声+英語字幕って設定にできるゲームなので、日本語と英語を照らし合わせながら進めて、ゲームの説明は全部英語で読んでます。

これが結構いけてて、日本語と英語が必ずイコールな意味ではないけど、結構勉強になるんですよね。日本語では否定文なのに、英語では肯定文で表現してたり。言葉遣いのセンスなんだろうけど、言語の壁の分厚さを感じたりしながら、日本語でこういう事を言いたい時に英語ではこういうのか、みたいなのが楽しいです。

ムービー中は強引に英語が入ってくるので、だらだら多読するのとは違う感じで、結構面白いです。

Netflixなら日本語音声+英語字幕が出来ると思うんで、これで映画観るのもありっちゃありかなぁとか思ってます。 漫画屋なんで、映画も見たいものの時間が…ってなっちゃうのが、英語勉強も一緒に出来るならそれはそれで。

英語の一番でかい壁はリスニングだと思うので、リスニングしたほうがいいとは思うんですけど、わからないと話にならないですからね。 リスニングは今までどおりESEを中心に聞いて、本なり映画なりを使った多読通してリスニングの補助と単語力あげていきたいです。