味噌汁のように生きる

書評レビュー中心の雑記ブログ。仕事術とか健康関連の本を読む事が多いです。

Junie B. Jones and the Stupid Smelly Bus おじさんにはきつい

Junie B. Jones #1: Junie B. Jones and the Stupid Smelly Bus

Junie B. Jones #1: Junie B. Jones and the Stupid Smelly Bus

評価:4/10

内容は悪くないんですけど。おじさんにはきついよ。
幼稚園?というか小学校入学前の学校で日本の幼稚園とはちょっと感じが違うみたいですが。
そのKindergartenに入ったばかりの小さい女の子があれこれする話です。

友達がうまく作れないわ、癇癪起こすわ、危なっかしいわ、大事になるわで。 観てられん。

ネタバレらしきものがあるよ。

漫画だったらよつばと!みたいな感じで見れるのかもだけど、なんていうんだろ、一人称作品でこの主人公の女の子が喋ってる形で進むので、おじさんには果てしなくしんどいです。

それにまぁ、やってることも可愛い女の子って感じでバンドエイドが好きだとかどうとか言われても、おじさんには「そうですか」という感じでございまして。

これはちょっと合わないなぁ。

なかなか合う作品に出会えず。やっぱしばらくはMWSシリーズを読んでようかなぁとか。迷う。

この作品、語数カウントしてなかったら途中でやめてたんだけど、語数カウントしてるからもったいないなぁって最後まで読む事になって。合わない作品読んでると結構しんどいですね。

ちょっとストレス原因で逆流性食道炎と慢性前立腺炎らしき反応が出てるので、ストレスに気をつけたいところだし、好きな作品シリーズを確保出来るかどうかって大事だなぁ…って。

ね。こんな事いってるおじさんが読むような作品じゃないんだよこれ。