味噌汁のように生きる

楽に生きよう。適当に。 間違うことも失敗することも色々あるけど。適当に。

My Weird School #8: Ms. LaGrange Is Strange! どういうことなのこれは

スポンサーリンク

My Weird School #8: Ms. LaGrange Is Strange! (My Weird School series)

My Weird School #8: Ms. LaGrange Is Strange! (My Weird School series)

評価 8/10

話としての流れがよくわからなかったものの、結構笑えるところがあった。

You are what you eat. いいね。

ちょっと友人とSkypeしてて、寝るの遅くなってしまったのでもう寝ます。 感想は、明日書くかも。 描かないかも。

とりあえず読んだってことの記録だけ。

※追記 2018/06/01

感想全然描いてない感じだったので追記します。 ネタバレあるよ。

なんでフードファイトで締めちゃったのかってことがちょっとひっかかったものの、展開はまぁ面白かったと思う。
ただ、新しい給食のおばちゃんの存在がオチにイマイチ絡んできてないところとか、EllaMentry?おばさん?まぁこの辺の学校関係の偉い人でAJ達の学校の名前の元の人の展開と一緒になってるせいで、ストーリーの締りがあんまよろしく無かったかなぁと。

なんやかんやで食の正しさ的な展開をMs.LaGrangeが説くのかと思った矢先に、フードファイトだったので。 うーんって。

まぁでも、シーン一つ一つはまぁ面白かったし、フードファイトを、Hannha?(綴が…ArtClassの先生)がいつも通りアートだとか言い出して笑いに変えてくれたので、まぁいいかって。

この作品は道徳観みたいな教育云々より、子どもたちの鬱憤というかそういうものも受け止めるようなそういう作品なのかもだけど、もういい大人だから、食べ物投げようとかは思わないからなぁ(笑
勿体無いとか言うつもりもないけど、食べ物は投げたりすると汚いし。って感じでピンとこず。

アメリカのカートゥーンとかってよく、食べ物に突っ込んだりぐちゃぐちゃになったりするけど、あっちの子供はそういうの好きなんだろうね。個人的そこまで嫌悪もしないけど、共感もないからピンとこないんだなぁ。