味噌汁のように生きる

書評レビュー中心の雑記ブログ。仕事術とか健康関連の本を読む事が多いです。

My Weird School #3: Mrs. Roopy Is Loopy! コスプレする図書館司書

My Weird School #3: Mrs. Roopy Is Loopy! (My Weird School series)

My Weird School #3: Mrs. Roopy Is Loopy! (My Weird School series)

評価 6/10

新しい図書館司書がコスプレして生徒たちに本を好きになってもらおうとする話。 毎度のパターン。

毎度のパターンとはいえ、一作目はまだ多読始めた直後に読んだせいで、いまいち頭に入ってないんだけど。変な先生が出てきて、Andreaがあの先生は何かオカシイと言い始めて、みんなでなんとかしようとする展開。ってパターン。

一作目どうだったかなぁ。担任が変だったって事は覚えてるんだけど。算数出来ないとかなんとかで。 んで本物の先生はどっかで監禁されてるーとか。

まぁいいか。そのうち読み返してもいいかも。読み返したい程ハマってはないけど…。

そんなわけで三作目。

本を好きになって欲しい図書館司書が、コスプレして、ジョージ・ワシントンやジョニー・アップルシード、ニール・アームストロングなどに扮して本で学べる事や出会える人々について子どもたちに教えようとする。 って話。

特別どうという事もないけど。子供の反応がいろいろおもしろい。Emilyはすぐ泣くし。男子二人のキャラがさっぱり固まってきてないけど。Andreaはうるせぇ物知り。AJは言葉の意味わからず勘違いをよくする、これが結構英語の勉強になる。Board of Education の board を boredと聞き間違えたり。 字面でもよく分かりづらいけど、こやつらは二年生だったっけ?、とにかく子供が知らない単語や聞き間違えそうな言葉をAJが勘違いして変な発言をするシーンが結構面白い。

千年前から人々はリンゴを食べてたんだよ。って話すMrs.Roopyに 「もっと早く噛むべきだ」って返すとことか。 そういう意味じゃねぇよ。って。

こういう面白さはのんびり読むには丁度いい。
爆笑するような箇所もまぁ無いんだけど、Marvin Redpostみたいにちょっともやもやするような嫌な展開も起こらないし。

ただちょこっとだけ英語のレベルが高い。今ちょっとメンタルあやふやだから、ハイライトつけて放置気味になってるけど、そのうち確認する。基本的な話は理解出来てるしまぁいいかなぁくらいの感じで。

そもそも文化の問題でわからない事もちょいちょい出てくるしね。

まぁ今日はそんなところで。