味噌汁のように生きる

書評レビュー中心の雑記ブログ。仕事術とか健康関連の本を読む事が多いです。

Marvin Redpost #1 自分が行方不明の王子かもしれないと思い込んだ少年

Marvin Redpost #1: Kidnapped at Birth?

Marvin Redpost #1: Kidnapped at Birth?

評価 7/10 (ちょっと、現在の自分の英語レベル的に読みづらいと感じるところがあった。)

Marvin Redpost #1 読みました。

自分が行方不明の王子かもしれないと思い込んだ少年の話。

ネタバレありますよ

後半が良かった

王子かどうか調べるための血液検査を行うんだけど。
そこで王様と同じ「O型ネガティブ」の結果であったと知るMarvine。

しかし、詳しい検査をするための受付をするために列に並んでいたら
家族の事をいろいろと思い出す。

その結果、Marvineは再検査を受けずに家族の元へ変える事に。

もちろんMarvineが王子だという可能性は低いんだけど、その可能性は残したまま物語が終わっていくのが良かった。

もし自分が王子だとしても、スケートを一緒に練習した母の事や、妹や兄貴の事を思い出して追加検査を受けない選択をする様子は微笑ましいというか、温かいというか。

いい話でした。

2の冒頭がオマケとしてついてたので読んでみたけど、鼻くそがどうたらの話だった。

まぁでも読んでみようかな。

1が結構いいまとまり方だったので。

子供向けなんだけど、MTHよりちょいと読みづらいです。ジョーク的な事や、「あれ」「それ」を使った会話が結構あるので、ちゃんと読解しないと意味を汲み取れない。

内容は面白いんだけど。My weird school にも感じた読みづらさだけど、こっちの方が読みづらかったかも。でもレベル的にMTH読めるなら、ぶっちゃけわからないとこ読み飛ばしても、内容はつかめるレベルだと思います。