味噌汁のように生きる

書評レビュー中心の雑記ブログ。仕事術とか健康関連の本を読む事が多いです。

エンジョイ・シンプル・イングリッシュ 2016/9 読了

ESE2016年9月号読了。

これで2016年度の分は読み終えましたわ。

面白かった話

今回はあんまりかな。Short Stroriesも笑いあり涙あり系で、なんかツボに入るものはなかった

Japan なんちゃら~は。 ちょっと終わりが物足りないかもしれない。人間関係について、東北震災を経験した人から学び、Johnへのあたりが強すぎたと反省して関係を修復するって終わり方。もっとコメディな感じでいろいろやってほしかった。最初の方は面白かったのに。終わり二ヶ月はちょっと微妙感強かったかも。

RakugoのThe magic mirrorは笑えた。
鏡を見たこと無い男が、鏡に映る自分の姿を18年前に亡くなった父だと思いこむ話。 何が面白いって、そいつの嫁も鏡を見たことないんだけど、嫁の鏡の自分への対応と、その後夫と一緒に鏡を見るシーンがバカ過ぎて笑える。

Folkloreは面白いものも特になし。

あ。 かぐや姫はこれでクライマックス。
とってつけたようなかぐや姫要素ではあったけど、子供が可愛そうな感じになるのは苦手で、死んだ母親と同じ病気かもしれないワタルの娘を見てると泣けてきた。
絵面は好きな絵面ではないんだけど、ポツンと経ってる絵がなんか物悲しい。ちょっとネジ式っぽさあるけど。

ぶっちゃけ、よくある安っぽい展開だけど、カグヤがもうちょい若ければ医者になってアヤを治す(それを目標にする)展開かと思って読んでたから。ラストはかなりの超展開だったけど、まぁ面白かったかな。終わりよければすべてよしって事で。ハッピーエンドなら多少の超展開は許容出来る。

多読の近況

次は、Short Stories2を読むかな。

その後はMTHの続きや、その他児童書を探していくつか読む予定。 とりあえず100万語まで児童書が中心になりそうだけど、人気のあるGRは読んでみたい。

あんまりレベルの低いところで人気のGRって無いから、これを探して見ても良いかも。

児童書は読みやすいし明るい話が中心だから面白いんだけど、いろんな話を読む事で幅広い語彙に触れる事が出来るわけだから、いろいろ読んでいくように意識して幅を広げていきたい。

MTHが今んとこ気楽に読める本だから、これを一気読みせずに休息にも使えるように、飽きないペースで読み続けたいですねぇ。
40巻あるから、一気読みしてると中だるみしてしまいそうだし。

とにかくコツコツね。