味噌汁のように生きる

楽に生きよう。適当に。 間違うことも失敗することも色々あるけど。適当に。

英語多読 10万語達成して思う事

スポンサーリンク

とりあえず、大した数字でも無いし、本以外の記録はつけてないからちょっと数字の正確性がアレだけど、記録つけてる本のみで10万語越えたので、感想を残しときます。

読むのが楽になってきた

まず第一に読むのが楽になってきた。というのが率直な感想。

英語だから意味を日本語にしてから理解しないと、という感覚が体感出来るレベルで減ってます。
よく見るフレーズはそのまま英語で理解出来るし、英語の語順で理解する事にも慣れてきたって感じ。

でも、やっぱり未知の言葉の流れや、少しひねったものに即座に対応出来る程じゃないけど、これはもうその都度起こる事だと思って諦めます。日本語の本を読んでいてもややこしい言い回しが出ると詰まる事は誰でもあるだろうし。知らない単語が出てきてもそう。英語だからって事の問題ではないと思うから。

多読はボトムアップだと確信

多読学習はボトムアップ式の学習法だと確信しました。

だから、ある程度英語の義務教育を受けてる日本の大人だと、最初のうちは自分の英語力が伸びてる感じが全く感じられないと思います。ただ「簡単なものを瞬間的に理解する」というのは非常に重要な事だと、多読を通して実感してます。

よく見るフレーズに対して、いちいち詰まってると英語を英語で理解するなんて不可能な話で、その壁が多くの日本人が抱えてる英語への苦手意識の根っこの部分なのではと思っています。語彙力や文法ではなく、英語を観た時にその文章からイメージがすぐに浮かぶかどうか。

そして、これは多読で確実にカバー出来る。自転車のノリ方を教わっても、こけたり、バランスを崩すこと無く、一発でスイスイ乗る事は出来ない。何事にも「慣れ」というものが必要。

学習は多読多聴だけで十分か?

これは十分だと思います。

とはいえ、言い切れない部分がいくつかある。それは英語特有の語順や表現に対する対応力に個人差があるという事。

こればっかりは検証不可能。だから、文法学習が不要だとは言い難い。実際、ボクは初級的な文法は学んでるし、どうしても理解出来ない言い回しはネットで検索をする。 こういった行為を「多読のみの学習ではない」と定義されたらそれは多読のみの学習ではなくなるけど。 いつ使うかわからない文法を文法書を隅々読む事で学ぶよりは、効率的なんじゃないでしょうか。

実際、やってみて思ったことは、ぶっちゃけ楽なんですよ。 最初は辛いけど。

iKnowを並行して少しやってるんですけど、いくらやってもゲーミフィングされたシステム上の数値でしか自分を測れない。

これはスマホやTVゲームでレベルやランクを必死こいてあげてるような感覚、これが面白いと思える人はいいけど、ボクはゲームですらレベリングの無いプレイスキル頼りのものが好きなので、あまり。

それに、プレイそのものを楽しめない。 読書は物語の楽しさがあるし、有用な情報に出会う楽しさがある。でも単語ゲームにはそれがない。そこにあるのはゲーミフィングされたアプリ内の世界での数字の評価だけ。 そして使う時間は「英語のため」だけのもの。

補助的に使うならまだしも、それで100点を目指そうとするのは微妙かも。
もちろん合う合わないがありますし、ボクは学生時代、英語を勘で解いてた人間なので、最初の語彙力をつけるのにiKnowは役にたったし、音があるからシャドーイング練習にも使えるし、ってことで毎日5分程度ずつは続けるつもりですけど。

英語学習は、多読多聴だけでも、全然問題無いと感じています。

kindleはオススメ

kindleは本当にオススメ。

まず、kindle本は中古本には劣るけど、安い。

それに、word-wise機能も重宝します。

word-wiseは、簡単に言うと、難しい単語を簡単な単語で言い表してる機能なんだけど、これがあると、知らない単語の意味を感覚的に掴みながら文脈のちからも借りて推測出来る事が増えます。それが、日本語ー英語 形式の辞書より生の英語の感覚を掴む手助けをしてくれます。

後は単純に電子辞書機能も、困った時に役に立つので。

多読は調べないってのが原則らしいけど、ボクは調べる時は調べますし、流す時は流します。
調べないのは読書の流れを止めないって理由みたいなので、止まってもいいと思う時やどうしても気になる時は調べます。 んで、調べる回数は自然に減ってきます。 なんというか、それを知らなくても意味が大体わかるって感覚が出てくるんです。
それによって、その単語の推測の当たり外れに気づく事も出来たりします。

この感覚、すごく説明し辛いけど、たぶん多読してる人は感じてる事だと思う。

次の目標は

次の目標はとりあえず30万語かな。

30万語あたりまでは、まだMTHや同レベルの児童書、GRを中心に読む事になりそう。 前回の記事にも書いたけど、YL少し高めだけどLexileだと低いみたいなので、読みたい本も沢山あるので、その辺りをいつ挑戦するかまだ決めかねてます。

とりあえず、今一番読みたいのは「Dragon Slayers' Academy」かな。 Lexileが無い本だけど、YLは4。DOGO Booksの指数だとMTHよりはちょっと高いって所。

The New Kid at School #1 (Dragon Slayers' Academy)

The New Kid at School #1 (Dragon Slayers' Academy)