味噌汁のように生きる

楽に生きよう。適当に。 間違うことも失敗することも色々あるけど。適当に。

エンジョイ・シンプル・イングリッシュ 2016年7月号 読了

スポンサーリンク


評価:オムニバスなので無し

英語多読記事です。
ちょっと空いちゃったけど。

ちょっといろいろ別のものを読んでたりしてたせいでこの一冊読み終えるのに結構かかってしまいました。
最初の方覚えてなかったのでざっと確認しながら。

Short StoriesのThe Right Person と An Old Sewing Machieneは良かった。
きっちりしたくて、自分が正しいと思ってる彼氏とちょっと抜けてるけど大らかな彼女の話。どちらかと言えばボクも、彼女みたいな人になりたい。
An Old Sewing Machineはミシンが欲しいと訴える娘に対して、お婆ちゃんのミシンを持ち出して来る母親。新しいミシンじゃなくてその古いミシンを気に入っちゃう娘の話。ラストのセリフが良かった。

Take good care of it.Then, one day, you can give it to your daughter.

しんみり。
2016年版のShort storiesは笑える話って感じが減ってるけど、これはこれで面白い。

Fantastic Place~ とRakugo Folkloreはまぁまぁって感じかなぁ。
現代版?かぐや姫っていうかもうほとんど別の話だけど、これはちょっと先が気になる。
失恋切ない。

多読の近況

まぁそんな感じで、ESE一冊読むのにめちゃんこ期間かかっちゃったわけですが、MTHの3も読んでます。
エジプトの話。 相変わらずアニーのメンタルが鋼。

多聴のメインががDUOじゃなくてESEのShortstoriesになっちゃってるので、これの2を先に読みたいなぁとか思ってます。
一部は2015年のESEで読んでるんですけど。

DUOは優れた教材だと思うけど、結局英語学習のための時間になっちゃうので、英語学習以外の面での時間効率が悪いんですよね。
DUOはDUOでそのうちやるかもですけど、多読100万語くらいまでは放置でもいいかもなぁって。思ってます。 単語で困ってるわけでもないし。

DUOは、いろいろ聞ける読めるってなった後に単語でつまらないように網羅的にざっとカバーするために使う方が良さそうですね。
実際、自分の英語利用レベルがA1-A2のESEと児童書でもせいぜいB1程度なんで、DUOはターゲットがB1-C1あたりだと思うので、今んとこDUO単語に触れる量が少なすぎて時間効率が悪いんですよね。

DUOでB1-2レベルまでざーっとマスターしちゃってそのレベルの多読をしようかとも考えたんですけど、多読のススメ方としては、優しい所から沢山ってのをオススメしてる人が多いですし。それはたぶん単純な語彙力より「慣れる」事を重視しての事なんだと思うんですよね。
だから、DUOで先に単語力つけた所で「使える英語」を身につける事は出来ないかもと思って。

どんな物事にも順序ってのがあって、自分のレベルから少し上のところを攻めて理解を深めていくのがなんやかんやで一番効率的だと思うんですよ。たぶん。
だからコツコツいきますわ。
しっかり読み慣れながら進めていきたい。