味噌汁のように生きる

書評レビュー中心の雑記ブログ。仕事術とか健康関連の本を読む事が多いです。

「がん」にならない方法を教えてください。を読んだ

どうも、SANKAKUです。

先月体調不良で悩んでた頃に読んだまま
レビューしてなかったので軽くまとめます。

ざっと内容紹介

今や二人に一人がかかると言われている「がん」について

  • 予防
  • 検診
  • 告知
  • 治療

に関して対談形式でわかりやすい解説がされているいます。

添加物や免疫療法
東洋医学的なアプローチについても、
多くのがん患者を見てきた水上治先生の見解が書かれており
非常に勉強になりました。

「がん恐い病」人は一度読んでおくと
予防や治療に関して知識が深まるので「わからない恐怖」からは
少し解放されると思います。

瞑想でガンが治る?

水上先生が留学中知り合った40代の医者ががんを患い
余命宣告までされたのに
瞑想してたら治りましたという話があります。

レアケースであると注意書きされていますが。
瞑想には科学的にストレスや免疫に対して良い結果があると
研究されてきていますし、
がんに対する本来の免疫を取り戻すのは重要な事なのかもしれません。

この話は、西洋医学のみにたよらず
あらゆるアプローチを取り入れるという章の中で出てきます。

現在、日本の病気に対する捉え方は
病気になったら医者に治してもらう、という人が多いと思います。

しかしボクは
日々の生活、食事の改善が何より大事だと思っています。
瞑想などのストレス対策も含め
プロバイオティクスやプレバイオティクス、
糖質やアルコールなどの食事管理。

とくに腸内細菌は免疫や性格にまで関わる可能性まで
研究されてきていますし
大事にしたいところですね。

セロトニンは腸内で作られてるなんて話がありますし。

そういう意味でも
西洋医学のみのアプローチや
医者に頼り切りになるのではなく、
予防、治療に活かしていくのが大事なのでしょう。

ただ、素人が勉強して
おかしな放置療法のようなものに
ハマらないようにしないといけないので
元気なウチからしっかり
学んでおくのが良いと思います。

免疫療法、セカンドオピニオン、良い医者の探し方

その他
免疫療法やセカンドオピニオン、良い医者の探し方など
小ネタも含めて良書だと思います。

最近、がん治療は
光免疫療法やゲノム編集のように
すごい技術が出来てきています。

分子標的薬も保険適用の幅を広げていますし
良い薬が開発されていっています。

一年長く生きれば助かる可能性があがる。

ワイドショー情報ですが
東大の教授曰く「あと5年で癌は無くせる」という話だそう。
これはゲノム編集の話でした。

光免疫療法もアメリカで活躍している
日本人の研究者の方が行っている研究で
楽天が日本での臨床検査が出来るよう動いていますね。
詳しくは知りませんが、 三木谷さんの親族が癌になっているのだという話です。

最新医療でがんが無くなる日が一日でも早く来てほしいと思います。
そのためにも正しい知識をつけて
一日一日、自分の身体を大事にしていきたいですねー。

余談

最近プロバイオティクスにハマってて
色々調べてます。

菌株も菌種も多くて覚えられないけど
面白いです。

iHerbで良さげなプロバイオティクスサプリを注文してみました。
プロバイオティクスサプリは合う合わないがあるそうなので
調子がよかったらレビューします。