味噌汁のように生きる

書評レビュー中心の雑記ブログ。仕事術とか健康関連の本を読む事が多いです。

糖質制限の癌への効果へ期待 と 余談

リンパは小さくなったので一安心のSANKAKUです。
ただ、心気症ってのは
「症状の有無」で気分の良し悪しを変えていては
一生治らないと思うので
引き続き、死生観の構築には
時間を割いていきたいと思います。

で。健康的な食事とはなんぞやを調べてた所
江部先生が糖質制限とがんについて
話をしている記事を見つけたので軽く、感想を。

話題の「ケトン食でがんが消える」は本当か | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

糖質制限は癌に効くのか?

江部先生の新しい著書はまだ読んでいないのですが。

先生は確か前回の著書で
「癌はブドウ糖を吸収する特殊ルートを
作っちゃうから糖質制限しても癌治療に効果は無いだろう」
みたいな話をしてたと思うのですが。

やはり科学は日進月歩。
糖分を断つ事と同時に
ケトン体が癌に効果的である可能性が
浮上してきたのですね。

これは期待ですね。
まだメカニズムがはっきりしていないみたいで
ケトン食レベルの厳密なものが必要なのか
一日60g程度は摂って良いのか、はっきりしてくると良いと思います。

ボクの糖質制限はざっくりなので
60g以上摂ってる日もちょいちょいとあるのですが
もっと下げてしまってもいいかなと思いました。

古川先生が「がんに効くよ」って話を出した時
批判記事が殺到してたのはなんだったんだろうか。

がん細胞を兵糧攻め!「究極糖質制限」の威力 | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

流れでこっちの記事も読み返していたのですが
コメント欄に大腸がんから快復した方の体験談があります。

無論、コメント欄なのでそれを信じすぎるのも
問題ではありますけど。

効くか効かないか。
癌にも色々タイプがありますし
部位以外の問題以外にも。
だから、まだまだはっきりしていないので
信じ込んでしまうのも問題でしょう。

でも、もし治療中の方が入れば
医師に相談してみる価値はあるかもしれませんね。

自分の糖質制限の感想

ボクは糖質制限はじめて、10ヶ月くらいになります。
食べる日も結構あったので
厳密にやってるわけではないですが。
やる時は60gを目標にやってると思います。

最初は結構変な感じがしました。
頭がフラフラするというか。
なんだかぼーっとするのです。
最初、3,4日くらいだったかな…?

これは説も複数あるようですが。
ブドウ糖を作る体内の期間が普段働ききっていなかったので
生成が追いついてないから脳へのエネルギーが少ないとか。

もしくは、糖分依存への反応だとか。

あのフラフラがどのくらい行動に支障が出るかわかりませんが
幸い、ボクはスポーツも車の運転もしないので
事前知識を元に少しだけ怖かったですが耐えてみました。

急に減らしたせいもあるかもなので、 少しずつ減らす方がいいのかもしれません。

普段はポテトチップスやら煎餅やらを間食するし
お米もラーメンも大好きだったのですが
やめてみたら別にどうでもよくなりました。

外食ばかりだったので、初め食べ物には苦労しましたが
最近は糖質制限ブームに沿って
メニューを改善している外食チェーンもあるので
やりやすいと思います。

体重は
6kg減少してます。
体脂肪率は5%減。

結構ゆったりやってたのですが
元々173cm55kgだったのが二年で65kgになっておりました。
BMI値的には25くらい目指したいので
そこは筋トレしながら調整していきたいです。
体重そのものはもっと欲しい。

あとは、血圧が
至適血圧って範囲に入りました。
それまでは正常高値ギリギリだったので若干高めでした。
父親、母親共に高血圧ですので
遺伝かと思ってたのですが、食事の問題でした。
両親にも進めたいのですが
母はともかく、父は糖質バクバク食べるので。
ラーメンと一緒にチャーハンとか余裕の人です。

野菜中心でスープや炒め物を作ってるだけで
対して凝ったメニューでもないですが
手軽に作れるものと
普段外食する時はもなるべく野菜メニューを追加注文したりして
糖質の吸収には気を配っています。

正直、初めは懐疑的でした。
やってよかったと思ってます。 こんなふうに大病への効果検証の記事が出てくると、 更に。

仕事の時の眠気がイヤだったので初めたのですが
眠気は確かになくなりましたよ。
血糖値の上昇が原因なのですね。

昔小学校の先生に
「胃に血が行くから頭に血が行かなくて眠いんだ」 って言われてましたけど
アレ俗説だったのかな。

何にしても
やってみると思ってるより辛くないので
持病が無ければやる価値のある食事管理法だと思います。

一定の効果がはっきりしてきたみたいですが
何にせよ。早くどういう癌に効くのか
またその効果はどのくらいあるのか
はっきりしてくると良いですね。

余談

また北朝鮮がやらかして。
ニュース追ってたせいであんま仕事が進まなかったです。
仕事しないと。

国レベルの事は直接的に個人は何もできないですし。
それより、1円でも多く稼いで、1円でも多く投資して
得たお金を国内で使うくらいしか出来ない。
お金については色々言われますけど
結局個人が出来る最良の防衛って
経済を活性化させる事しかないんでしょうね。

昨日お話した投資で一部の固定費を賄うというのは
投資資金を得る時に税金も発生しますし
多少贅沢の余裕を作ってくれるので
こういう形で数百万程度でも
個人が投資で資金を得るという知識を普及できれば
もっと日本経済はよく回るようになるんじゃないかなって思うんだけど。
どうなんでしょう。

元金が無いからって言われちゃうと話にならないけど。
出来る人からやっていけば
その分内需が増えるわけだから。
地道に回していくしかなくて
それは本当の意味で「一人」でやっても意味がないので
たまに投資についても描きたいと思います。