味噌汁のように生きる

書評レビュー中心の雑記ブログ。仕事術とか健康関連の本を読む事が多いです。

【絵】画力向上のためのオススメサイト&本

f:id:gobo05:20170719092419j:plain:w500

画力向上、絵の上達についての おすすめ本や講座サイト等の情報をまとめていきます。

自分が迷う事もあるので、迷った時の備忘録でもあり。 自分が迷ってきた事について初心者の方の助けになるような
そういう記事になればと思います。

画力とは

画力とは、という事について ボクが思っている事を少し書きなぐります。
不要であれば
参考サイトリンクへ目次から飛んでしまってください。

上達について単純な答え

絵がうまくなりたいなら描くしかありません。
漠然とした回答になりますが
質と量を稼ぐ事以外に
上達の近道はありません。

質とは

量についてはわざわざ説明する事もないと思いますが。
質とは何か。
これはあくまでもボクの経験から得た答えなので
参考程度に受け取って欲しいのですが、
質とは
出来ない事を出来るようにする事です。

すでに出来る事を繰り返す事も
うまくなるためには大事な事ですが
変化がありません。

変化が無い状態の事を 「スランプ」や「プラトー(高原)」などと定義する人がいます。
スランプは本当の意味のソレは大変ですが
多くの場合ただの過信か言い訳です。
プラトーは成長が止まってしまう状態で
実は成長してるが自分ではわからない状態を指します。

しかしこれらの状態、
そもそも変化の多い事を学習に取り入れれば
簡単に回避できます。

例えば人ばかり描いてる人が動物を練習してみれば
動物を練習した分は確実に上達します。

この視点が抜けている人が絵の世界には多いと感じています。
「最終的に描くのは人だから、人だけ描ければ良い。」
それもそうかもしれませんが
他のモノから得られる事を人物画に活かせばもっと良い絵が描けます。

質を稼ぐとはこういう事だと思っています。

デッサンについて

デッサンは必要ですか?
というのは多くの絵描きが
疑問に感じるポイントでしょう。
ボクも初心者の頃はデッサンが出来ない事が
苦痛でしたし不安でした。

デッサンは正直言うと
習得したい絵柄次第です。

もちろん絵を極めたいと思うのであれば
必ずどこかでぶつかる壁です。

デッサンを「基礎」とする人は多いと思いますが。
ボクはそうは思いません。

デッサンとは見て描く力です。
頭の中にあるものを正確に書き出すには
見て描く力は必須です。

しかし、美術デッサン画を描く力は
それとは別の話になるので
自分の絵にデッサンが必要かどうかは
各人が判断する事になります。

どういった絵を描きたいか
写実画が描きたいならデッサンは必須です。
そうでないなら、書き写す力がアレば良いので
デッサンは必須ではありません。

デッサン言う言葉は幅が広いので
説明が難しいのですが、
「見て描く力」をデッサン力と呼ぶなら必須ですが。

美術デッサンを描く力を「デッサン力」と呼ぶなら
自分の目標次第なので、デッサンという呪縛に
あまり囚われすぎない事をオススメします。

量の嘘

量の嘘に惑わされない事です。

量の嘘とは、ページ数へのこだわりです。
例えば、寺田克也先生は「ラクガキング」を出した時
1万6千ページのラクガキをストックしていたとの事です。

ボクは絵を描き始めた当初このページ数にこだわりすぎて
ぐちゃぐちゃのクロッキーを量産していた時期がありました。

無駄な時間を費やさないためにも
この記事を読んでいる方には
ページ数に惑わされないようにしてもらいたいと思います。

前述した「質」を伴わない絵を量産しても何も変わりません。

量は必要です。
ですが質は最低条件です。

「量か質か」ではなく。

「質」が全てです。
前述しましたが、
質とは「描き込みの多さ」
という事ではありません。

出来ない事を出来るようにするという事です。 自分に足りないものを埋めるという事です。

数学で考えて見てください。

二桁の四則演算を無限にやった所で数学の成績は上がりません。 必要な技術は必要な技術を得るための学習を行って
はじめて得られるのです。

質か量かなんて話はそもそも
学習がなんたるか を理解していないから起こるのです。

質は最低条件で、その上で量を積み上げるのです。

では、その量を積み上げるために
ボクが良く利用しているサイトや書籍を
ご紹介していきます。

クロッキーサイト

まずはオススメのクロッキーサイトです。
どちらも海外サイトです。

時間や衣服のオンオフ等
カスタマイズして自動で画像を表示してくれます。

毎日数分でも時間を取って継続してみてください。
ゲーム感覚で楽しめます。

イラストサイト

沢山良い絵を見るのは大切な事ですし
描けないものを見つけて
模写して練習することもできます。

レベルの高いイラストをスクラップしておけば
インスピレーションを得られますので
「描きたいものが無い」なんて状態に陥らずにすみます。

  • ArtStation
    海外アーティスト中心のサイトで3Dもあります。
    レベルは非常に高いです。
    日本らしい2Dイラストは少ないです。

  • Pinterest
    写真等もあります。スクラップボードを作成出来ますので
    ジャンル分けして分けておくと資料集としても使えます。
    保存した画像に関連した画像がボードに表示されやすくなる等
    面白いアルゴリズムで動いているようで大変良いサイトです。

  • pixiv
    言わずと知れた日本のイラストサイト。
    日本らしいイラストを描きたいなら
    定期的にチェックして技法を学びましょう。

講座サイト

すべて無料のサイトから
有料オプションがあるサイト等様々です。

各サイト網羅的に技術を教えているため
それぞれの説明については面倒なので控えます。
定期的にチェックしておけば 自分が出来ない事についての講座と出会えると思います。

おすすめ教本

基本的に海外翻訳本になります。
日本の教本にも良いものはあるのですが、
美術的なものは海外の本で十分完結してしまいます。

イラスト系では使えるものもあるのですが
今回は万人に使える教本をということで、 的を絞ったイラスト系の教本の紹介は控えます。

やさしい人物画

言わずと知れた名作です。
この本は人物を描く事と共に
絵を描くという事について学ぶ事ができます。

人物画初心者には教本としては
少し難しいかもしれませんが、
早いウチに読んでおくと「描くという事」について
得られるものは大きいと思います。

顔と手の描き方

ルーミス氏の顔と手の描き方本です。
こちらは初心者にもオススメ出来る本だと思います。
絵柄は、リアル調中心です。

人体のデッサン技法

これも良く知られた本です。
某有名大アニメーターさんのイチオシ本との事です。
デッサンや模写力というより、
人物画についての知識を得られる本です。

絵を描く知識には色々ありますが
これは人物を描く上で
記憶しておくべき知識を完結にまとめてあるので
模写はせずともパラパラ暇がアレばめくるくらいの気持ちで
暗記していくと良いかと思います。

スコット・ロバートソンのHow to Draw

パースの本です。
昨今ではデジタルのパース定規が普及して
パースに関する知識は
本当に知識のみあれば、なんとかなってしまうように
なってきています。

しかし技術が伴った知識と
そうでない知識では雲泥の差があります。

パースについて学べる本は沢山ありますが
この本は知識と技術、どちらにも焦点を置いているので
非常にオススメです。

分量も多いので学ぶのには少々根気が必要ですが、
間違いなくその価値はあります。

カラー&ライト ~リアリズムのための色彩と光の描き方~

光、影、色について学びたいなら
半端に専門学校に通うよりこの本だと思います。

これも知識の本です。
リアリズムの本なので万人に必要とは言えませんが
持っておいて損の無い知識がびっしり詰まっています。

余談ですが、この手の翻訳本って価格が高いのに
改行がオカシクて読みづらいんですよね。
上のHOW TO DRAWもそうですが…。
まぁ英語がスラスラ読めないので仕方ないです。

アーティストのための美術解剖学

解剖学の本です。特に明記することもないくらい
真面目な美術解剖学の本です。

スカルプターのための美術解剖学

こちらはスカルプターのための解剖学本ですが。
ポリゴンで身体のラインがわかりやすい図が沢山収録されています。
絵描きにもオススメです。

ボクはZbrushもいじるので、よくこの本は参照しています。
非常に細かい事にまで図で説明が入っていて
発見が多い本でした。

オススメのポーズ集

ポーズ集に関しては色々ありますが
ポーズ集の体をなした別の本が乱立していますのでお気をつけください。

模写練習をするだけなら問題無いのですが
仕事にトレースして使用するなどの利用に制限があるものが複数あります。
セクシー女優をメインに据えたものにはご注意ください。 もし仕事で利用する際は、注釈の無いものは
必ず出版社に確認を取る事をオススメします。

新ポーズカタログシリーズ

このシリーズは非常に優秀です。
信頼のマール社ですし。

教本で人体について学びながら
基本ポーズ集を毎日少しずつ模写しておけば
人体はすぐ形になると思います。

モデルさんはセクシー女優の方ですが
本に記されていますが、利用の制限はゆるくて使いやすいです。
さすがマール社さん。大好き。

瞬間連写アクションポーズ

こちらは出版社に確認したところ
トレース、模写等の利用OKと返答頂きました。

内容もパース感のある絵が結構含まれていて
面白いので模写していて楽しいです。

ラクガキ本

ラクガキ(スケッチ)は非常に重要な練習法ですが
「何をどう描けばいいのかわからない」というのが初心者の本音だと思います。
ボクもそうでした。
好きなものを描けと言われても…と迷っています。

そんな時は先人のラクガキ本からインスピレーションを得るのが
良い方法だと思います。

ラクガキング

現在、絶版みたいですね。
ボクが初めて買ったラクガキ本です。

寺田さんはボールペンで一発書きをしてしまうので
遠い憧れの存在です。

辞書くらいのサイズで非常に分厚いです。

吉成曜画集 ラクガキ編

言わずと知れた人気アニメーターの
吉成曜さんのラクガキ本です。

鉛筆で描いたもののようです。
アニメーターらしいエフェクト等の絵も入っています。
もちろんキャラクターやロボットも沢山収録されています。

この本の他にも手塚先生のキャラクターを描いた本もあります。 手塚治虫作品が好きな人はそちらも楽しめると思います。

おわりに

1つの記事にまとめるのはちょっと厳しいですね。
マンガ模写についてとか、模写とオリジナルを描く能力の相違についてや
色々書きたい事もあったのですが
分量がひどい事になりそうなので一旦締めます。
折を見て、それぞれの項目ごとに記事を分けていくかもしれません。

とにかく、
絵は描く以外の近道はありません。
そのためにも良い絵に沢山触れ
「自分も描いてみたい」と思う事は大切な事だと思います。

そして資料を見る事を恐れない事です。

初心者のうちによく思った事ですが
「資料を見るとパクリになるんじゃ…」という不安です。

しかしこれは大間違いです。
資料を見る事はどんな絵描きもやっている事です。
もちろん他人の作品をトレースして、自分の作品にしちゃうのはダメですよ?

資料というのは
あくまでも知識や刺激を与えてくれるものです。

他のクリエイターから学ぶという事については
この本が非常にオススメです。
資料を見る事に不安がある人や
他のクリエイターを真似ることに疑問を感じてしまう人は
一読をオススメします。

沢山見て沢山学んで
自分の絵を作り上げていってください。