味噌汁のように生きる

書評レビュー中心の雑記ブログ。仕事術とか健康関連の本を読む事が多いです。

人生を逆算して目標を見つけようとしたら、鬱々としてきた話

f:id:gobo05:20170430124258j:plain:w500

フィンテックについて勉強してたせいで
仕事が全く進んでないSANKAKUです。

気晴らしにYOUTUBE見てました。 面白い動画があったのでご紹介。

人生を逆算してやるべき事を考える。
といった内容です。

目標を立てる との違い

目標を立てるとの違いは
欲望から来ていないところだと思います。

本当の意味での最期。
本当の意味でのゴール。
それは死の間際です。

何を後悔したくないか
何に満足していたいか

誰にでも平等にやってくる最期の時に
自分の人生をどう捉えていたいか
その結果から、日々を逆算するという考え方。

目標は一時的な欲望です。
これが悪いわけではないと思いますが
叶えてしまっても人生は終わりません。

人生の終着点を思い描くことで
立てた目標一つ一つが本当に必要かどうか
はっきり見えてくるかもしれません。

どうなっていたいかを考える

どうなっていたいか。 これが正直しんどい。

死の間際ってお金も名声ももっていけないわけで
ボクは人間関係をほとんど放棄していきてきてるので
死に際に後悔しそう。

そのあたりを考えると
今やるべきは仕事ではないのかもしれない。
とか。

どうなっていたくないか を考える

貧乏で死ぬのも嫌だと思いました。 孤独死は仕方ないとしても
お金が無いが故に苦労して死ぬのもイヤです。

お金と人間関係は両立できないわけではないし
このあたりを…。

でも孤独で死ぬのにはあまり恐怖感は抱いてないかも。
まだ若いから実感がないのかな。

もっとよく考えた方が良さそうです。

日々やることを考える

ひとまずは今まで通りやっていこうと思いますが
人間関係についてはそろそろ考え直した方が
いいのかもしれません。

家で仕事出来るからって
人に会わなさすぎるのもやっぱり問題ですし…。

皆さんも
是非やってみてください。

人間的な意味で
未来の自分のために今を生きるのって 面倒くさい事しなきゃいかんのだな…と感じて、 鬱々としてきます…。