読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

味噌汁のように生きる

書評レビュー中心の雑記ブログ。仕事術とか健康関連の本を読む事が多いです。

Scrapboxで勉強がハンパなく捗る

読書してもほとんどメモを取らないSANKAKUです。

今回はScrapboxについて。
https://gyazo.com/5f93e65a3b979ae5333aca4f32600611

Evernoteと違って
思考をリンク させていく感じが
たまらないツール

今は仕事のために
北欧神話と戦国時代の歴史の勉強をしてるんですけど
ぶっちゃけトンデモなく勉強が捗ります。
それに読書ノートにも使えます。

https://gyazo.com/5294368da527bff01d25fff68e1b3cb5

ハッシュタグでノートをリンクできる

「# 半角スペース キーワード」 でハッシュタグが作れます。

ハッシュタグの優れてるポイントは
そのハッシュタグそのものがノートになるとこ。

例えばこんな風に 織田信長について調べていたとして 中に明智光秀の名前が出て来るとする。
https://gyazo.com/a57f99da5efa337e41751766692033b7
そこに明智光秀をハッシュタグにしておくと。

https://gyazo.com/73add806e7f01d11fdd60d3bcc6b5c0f
タグそのものを
明智光秀のノートとして使う事ができます。

リンクされている他のノートや ハッシュタグなどが下に一覧として出てきます。

このタグ機能のおかげで Evernoteのように
ノートブックやスタックを作って
まとめる必要がないので情報が大量にあっても
ハッシュタグの関連ワードで情報にアクセス出来ます。

もちろんキーワード検索も出来ますし。
Wikiなのでハッシュタグを使って
目次用のノートを作る事もできます。

画像を貼り付けるのも簡単。

Gyazoと連携させなきゃダメかもですが
画像を貼り付けるのも簡単です。

https://gyazo.com/4248882f4d2968a68d33e7dd96471bb2

画像のコピーから

https://gyazo.com/0fe1c52c8315f8344da76fe24b6997f0
貼り付けるだけ。

すごい楽ちんです。

自分で作るから意味がある。

知らない知識をwikipediaに
見に行っても情報量が多すぎて
初見じゃ覚えられませんし、

そもそも 知っている というのは
それについて自分の言葉で説明出来る
ということです。

勉強の入り口にwikipediaを使うのはありですが
覚えたいこと、身につけたい事を
wikipediaで毎度検索していると時間の無駄なので
このツールはオススメです。

アウトプット出来る量がわかる

当たり前ですが自分が知っている範囲でしか
人間はアウトプット出来ないので
ノートの情報量が少ないなら
それは勉強しがいがあるキーワードということになります。

自分に何が足りないかわかってくるので
何がわからないかわからないを打破するきっかけにもなるかもしれません。

今のとこ大きなデメリットも少し

ノート一覧で中に何が書いてるか
タイトルしか見えないというところ。

https://gyazo.com/acb4a2206056c16365161066c5e27dd6

ここに文字が増えちゃうと
視認性悪くなっちゃうかもですが。
なんかかっこよくないというか。

ちらっとでも見えた方が
何が書いてあるかわかるので良いと思うんですけど。

いまんとこそれくらいかな。

あ、あとノートを閉じてトップに戻る時
GoogleKeepみたいに余白クリックで戻れるようにしてほしいかも。

それと、欲を言うとスマホアプリ欲しいかな。

Evernoteとの住み分け

Evernoteとの住み分けはまだ考えてません。
強いて言えばWebクリップは拡張機能の関係で
Evrenoteをまだ使ってます。

ですが、Scrapboxを作った会社は
「Gayzo」を作っている会社なので
Gyazoの使い方を覚えたらWebクリップもScrapboxになってしまうかも。

でもやっぱりノートブックの機能は無いので
勉強ノート、読書ノートと割り切って使う方が
視認性がよくなるかも。

この辺まだはっきりしていないのですが
使いながらEvernoteと住み分けしていきたいです。

Evernoteはもうちょっと
テキストエディタとして成長してくれたらいいんだけど。
ぶっちゃけWinアプリ使いにくすぎて。
最近Markdownも覚えたせいで
ちょっと熱が冷めてきてしまった。

このサービス
日本のサービスですし応援したいと思っているので
バンバン使っていきます。

みなさんも一度使ってみてはいかが?