読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

味噌汁のように生きる

書評レビュー中心の雑記ブログ。仕事術とか健康関連の本を読む事が多いです。

「自営業の老後」お金は勉強すればどうにでもなるよ。

どうもSANKAKUです。
今回は「マンガ 自営業の老後」上田 惣子 (著)のレビュー。

ボクは去年の確定申告の時
税金の金額がおかしかったので色々勉強して
確定申告をやり直して、4,50万ほど返ってきた経験がありまして…

知らないというのは恐い事なんだと、反省して
一年間色々と勉強しました。
ですので、この本にある知識はもう持っていたのですが
お金について全く対策していない自営業主の方は
一度目を通して置いた方がよいと思います。

早め早めの対策が必要ですよ。
プロにお金を払って任せるのが確実ですが
余裕があるなら一度簡単な本でいいので
勉強しておくことを心底オススメします。

お金について、甘く見てると大変なことになります。
個人事業主は立派な経営者です。
しっかり対策しておきましょう。

この本では書かれていない大事な知識もいくつかありましたが
ひとまずそれは置いておいてレビューします。

確定拠出年金は自営業以外も必須

確定拠出年金については皆勉強しておこう。 節税のためにも老後のためにも必須です。

メリットまみれです。
確定拠出年金については井戸 美枝さんの
「ズボラな人のための確定拠出年金入門」 が分かりやすかったです。

定期預金にすることも出来ます。
とはいえ預金だとインフレリスクに対応することができないので
個人的には投資一択ですが、それぞれお財布の事情があったり
お金の知識の差があるので、まずは一歩踏み出してみるところから

小規模企業共済や保険の事も

小規模企業共済や保険のことについても言及されています。

小規模企業共済は
控除を受けられるので節税にもなりますし
なにより廃業した時にまとまったお金を受け取れます。

廃業を考えるのは結構アレですが
お金の不安を無くさないと
心配で仕事ができなくなっちゃったりしますから
きちんと対策しておきましょうね。

僕ら世代がお金に苦しんでいる理由

今回は自営業主、フリーランスのお金の本でしたが
僕らの世代がお金に苦しい思いをしているのって
僕らの親世代が投資について
学ばなかった事が原因だと考えています。

ピケティさんの「21世紀の資本」で
「r>g」という式がありますが
資産収益率が「r」
経済成長率が「g」で
過去200年の調査でどの時代に置いてもこの式が成り立っていたそうです。

rはつまり土地や株式などの「資産」が生み出すお金
gは労働の対価、つまり給料だと思ってもらうとわかりやすいと思います。

これは格差の問題を表す時によく用いられますが、
下流老人の多くがこの「r」を持っていません。
自分の親もそうですが、投資の知識なんて皆無です。
その結果、年金問題を初め「働いている層が老人を支えるシステム」
に問題が出てきています。

日本の年金は賦課年金といって下の世代が納めた年金が上の世代に配られるシステムになっています。
しかし、不景気の上に少子化が乗っかってるので、物理的に一人以上の老人の年金を一人の若者が背負う事になります。

これは非常に危険だとボクは思っています。
早々に改めないと
下の世代がお金、資産を作る余裕が無くなり崩壊してしまいます。

年金システムそのものは国債等別の形でなんとか出来ても
一時しのぎ的になってしまうのです。
一刻も早く、僕らの世代からほんの少しずつでもいいから
お金を有無資産を作るシステムを多くの人が理解して
下の世代の生活が少しでも
楽になるようお金について学ぶべきです。

何故日本の教育では金融を
教えないのかまったくもって謎なんですが…
生きていく上で絶対に必要なお金。
使うも貯めるも正しくやらないと
大変なことになってしまうのに
学校では教えない。

うーん。中学生くらいからでも正しい金融が
学べるシステムがあればいいんですけどね。
大人でも博打だと思ってる人がいる国じゃ
なかなか難しいのかもしれないけど。

ボクは相続税100%にすればいいと思ってるんですけど、
まぁそれは実現しないと思うので。色んな意味で。
子供がいる方は絶対にお金の勉強をしておいた方がいいです。

年金だけでなく、老後の生活資金を
子供に支えてもらう事になると
孫が生まれる余裕がなくなりますよ!!