読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

味噌汁のように生きる

書評レビュー中心の雑記ブログ。仕事術とか健康関連の本を読む事が多いです。

お尻が痛い!痔を治すために、ボクがやったこと!

f:id:gobo05:20170412101648p:plain:w500

高校二年の頃から痔を患っていたのですが、 30代を迎える前に、ほとんど治せてしまったのでその方法をご紹介します。

※お食事中の方は、その手の癖がある方以外はお食事後にご覧ください。

ボクの痔は空き地の裏に住む家主のようだった。

頑固だったという事です。
子供の頃、本当に赤ちゃんの頃からお尻が荒れやすい子供だったそうで、痔の才能があったのかもしれません。

初めて肛門科に行った時にもらった薬は効いていたのですが、それが1年、2年と使用が長引くにつれてどんどん効かなくなりました。 薬もかなり効果の強いものを処方されていたのに全く効かず、毎日血が出ている状態。
大腸検査もして、確実に痔だという確信があったので、他の病気の心配はしていなかったものの、なんとかしたいという思いでは治らない。

その頃のボクは「病気になったら病院で治療してもらう」というスタンスだったのですが、痔を治せた事をきっかけにそのスタンスも完全に変わってしまいました。

今は痔に限らずあらゆる病気に対して、なる前もなった後も「自分で出来る事は必ずある」というスタンスです。

問題が起きたらまず病院に行くのは当然ですが、すべて医者になおしてもらおうと思わず、自分の生活から見直していく姿勢というのが大事だと思います。

では実際にやった方法をご紹介します。

※病気の事ですので注意書き※

あくまでもボクの個人の経験談であることをご了承ください。
病院で診察を受けていない方は疾患を自己判断せず必ず病院へ行ってください。

【重要】筋トレをする。

まず第一に筋トレ。痔は血行不良が大きな原因です。 しっかり筋肉をつけてやる事で大きく改善します。お試しあれ。

ケーゲル体操

ケーゲルとは「骨盤底筋」の事、女性の感覚はわかりませんが、男性の場合だと「おしっこを止めたり、ウンチを切ったり」する時に使う、肛門周辺の筋肉だと思ってもらえれば大体の場所がつかめると思います。

ここを体操で鍛えます。 体操は大きくわけて2つ。

  1. 肛門をギュ!っと締めて緩める、を繰り返し100回。
  2. 肛門をぎゅーっとしめて5秒経ったら離すを数分間

姿勢はどんな姿勢でも出来ますし、やってる事は誰にもバレません。 電車の中でやっているという記事をネットで観た事があります、どこでも遠慮なくどうぞ。

初めてやる時はなかなかキツイと思います。 筋肉は個人差があるので、可能な範囲でやってみてください。

この後改善に向けてやった事を色々書きますけど、
正直、これが一番効果がありました。

大殿筋を鍛える

大殿筋はいわゆるお尻のお肉の筋肉です。 座り仕事をしていると、この辺の結構が悪くなる凝ってきたりするのでしっかり鍛えます。

やり方は お尻全体を引き締めるようにして、キープ出来る所までキープして離す だけです。

筋肉痛が無ければ出来るタイミングを見つけてやってみてください。

ボクはケーゲル体操も含めて、Todoistに入れて、週1で筋トレしています。
ただ、経験上、一度筋肉をつけなおして改善すると定期的にやらずとも、かなりの期間効果が期待出来ます。

でも疾患が出来てからまた、というより一生痔に悩まされない方がいいので、習慣にしてしまうのをオススメします。
どこでも出来るので、是非習慣化にチャレンジしてみてください。

食生活の改善

快適に排便をしないと、どれだけ筋肉をつけようが調子の悪い時にスパーン!といきます。

食物繊維をしっかり取る

カット野菜でもいいから野菜で取るのが理想です。 一日の適切な野菜の摂取量は350gとされています。
350g摂るのは人によっては厳しいかもしれませんが、痔を患っていた時のボクは、いつもスーパーの弁当コンビニの弁当を食べていました。
食物繊維は非常に少ないです。
一緒に野菜のサラダを食べるなど、ほんの少しでも食生活を改めてみる事をおすすめします。

乳酸菌を取る

便通の話の続きで、乳酸菌サプリやヤクルト400を取っています。 腸内環境がよくなると便の色が変わるってご存知でしたか?
少し黄色っぽくなります。
こげ茶色がデフォカラーだったのに野菜と乳酸菌の摂取で色は変わるし、ウォータースライダーの如く、便が出て来るので快適です。
これらは便秘の方にもオススメです。

ただヤクルトはアマすぎるので乳酸菌が摂れるのはいいものの、もうちょっとなんとかならないのかと思いますけど。

長時間座り「続けない」

1時間も2時間も座り続けない事! これ大切です、筋肉を鍛えても食生活を改善しても、同じ姿勢を続けると血行がめちゃくちゃ悪くなるので、痔の再発を招きます。
体全体の健康にも悪いですし。

ボクはポモドーロテクニックという手法を使って仕事時間を区切っているのですが、ほんの少し立つだけでも全然違うので試してみてください。

最低1時間に一回は立ち上がるのが良いそうです。

勝手に痔と判断しない。

特に痔に慣れっこの人は要注意ですが、「また痔だな」と勝手に判断しないこと!!

ボクの知人が、出血があるので、 念のため大腸内視鏡をしても何も見つからない。 痔だろうと言われていたのですが、腹痛がおこり、カプセル内視鏡で小腸まで調べた所、病変があったとの事でした。 大事には至らなかったのでよかったのですが、お腹の中の事は自己判断せず、まずはしっかり病院へ行くこと!

これは本当に大切な事です。

恥ずかしいなんて思うかもしれませんが、 病院の先生も看護師さんも何千何万の肛門を見てきたんだから、別にアナタの肛門に、対して何も思いません。 相手が何も思ってないのにこっちが恥ずかしがってると、その方が恥ずかしいです。 菩薩の様に無心の心で挑んでください。

まとめ

上にも書きましたが、あくまでもボクの経験談ですので、すべての痔に効果があるかはわかりませんがお役に立てたら幸いです。

まぁどちらにしても、食生活の改善や定期的に立ち上がる、等は痔に限った事ではないですし。
筋トレに至ってもスキマ時間や移動時間、何かをしながらでも出来るようなものです。あまり力まず(色んな意味で)、可能な範囲で取り入れてください。

病気になっても自分で出来る事は必ずあるので、諦めないで、 是非快適なお尻ライフを。