読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

味噌汁のように生きる

書評レビュー中心の雑記ブログ。仕事術とか健康関連の本を読む事が多いです。

病気が恐い!心気症歴10年のボクの不安克服方法

f:id:gobo05:20170410112028p:plain

何か体調がおかしい時、うっかりネットで調べすぎて 不安のどツボにハマってしまうこと ありませんか?
ボクはサイバー心気症上級者です(自慢することでない)。
最近それをなんとか乗り越えられたかと思っているので、 その方法をいくつか紹介したいと思います。

紙に書いて、行動出来る事のみに焦点をあわせる

デール・カーネギー著「道は開ける」に悩みを解決するこんな方法が書いてあります。

一、「起こりうる最悪の事態とは何か」と自問すること。
ニ、やむをえない場合には、最悪の事態を受け入れる覚悟をすること。
三、それから落ち着いて最悪状態を好転させるよう努力すること。

ボクはこれに心理行動療法にある「紙に書き出す」を実行してます。
紙に気持ちも事実も全部書いてしまって、から整理します。
書き出すだけでも楽になることもあるのでオススメです。
実際の紙ではなく、PCのメモ帳に気持ちを書きなぐるだけでも効果はありました。

上記した方法をあわせて出来る行動を考えてみてください。
それで導き出した答えはこの後書きますが、
その前に絶対にやってはいけない事を書きます。

【重要】病気についてネットで調べしすぎない

まずネット検索してもほとんどの場合、病気の悩みは解決しないのでやめましょう。
ストレスが増えてしまうだけです。
ストレスは何より体に悪いので逆効果でしかありません。

どうしても気になるなら正しい情報を検索するために以下の方法を試してください。

インターネットで病気について検索する時、大学病院などの研究機関の発信だけが見られるようになる文字列『“ac.jp”』 - Togetterまとめ

正しい知識を正しい機関のHPから入手する、それだけで十分です。
それ以上の効果は検索エンジンでは得られません。

具体的にどうすればいいか。

では、具体的に何をすればいいのでしょう。
長年サイバー心気症をやってきた現在のボクが出した答えは、3つです。

1.病院に行く

もう悩むくらいなら病院に行くのがいいという事です。
単純ですがそれしかありません。
一人目の先生で納得いかないなら別の病院に行ってください。
三人も見てもらえばもう納得してしまえるでしょう。

「餅は餅屋」です。プロに任せましょう。

2病変、病状を記録しておく

病院にいっても不安だったり、すぐに病院に行けない時もあると思います。
そんな時病状や病変を文章や写真で記録しておきましょう。
変化を察知するためです。
「いつからこうだったろう」と考えるとはっきりせずモヤモヤして不安が大きくなります。
Evernoteやブログなどに日付けをつけて記録しておくといいです。

少し余談気味になりますが、記録しておくと良い別の利点があります。

「なんだか頭の右側がもやもやする」という毎度ボクが病院に行っていた症状があるのですが、
記録するようになってからこれが季節の変わり目の睡眠不足で起こっている事がわかりました。
温度変化で上手く寝れず寝不足になったり花粉症の時期の自律神経の乱れで睡眠が浅かったりです。
対策に入眠CDやアプリを使ったり、寝る時の服装や寝具、場合によってはエアコンを付けて寝る等してやればすぐに改善するのですが、何年も毎度病院に行っていました。

記録する事で意外と簡単に改善できちゃう体調変化もあったりするものです。

3一般的な健康習慣を身ににつける。

病気について気にするくらいなら
健康習慣を見につけてしまいましょう。
そのうち、きちんとまとめようと思っていますが、
ボクが心気症から逃れるために身につけた健康習慣を少し紹介します。

  • 朝起きたら歯を磨く(歯周病菌は非常に悪質な菌です)
  • 糖質は少なめに、タンパク質を適量、野菜(少量の果物)を350g以上取る。
  • 毎日8000歩、歩く
  • 週2回の軽い筋トレ
  • 一日一回ラジオ体操。
  • 仕事の合間の適度なストレッチ
  • マインドフルネスでストレス対策

細かいものがまだいくつかありますが、ひとまずこんな感じです。
「これだけやっているのだから」と思えるだけでも少し楽になります。

健康習慣を身につけたからといって病気にならないわけではありませんが、多くの病気が習慣の改善で防げます。
完全ではなくとも、免疫力があがれば感染症も防げますし症状もある程度抑えられるでしょう。

何よりも体を動かしたりこれらをタスクとして捉え「今日も出来た」と思う事で達成感があるのでストレスに対する心の反応も変わってくると思います。

ボクは出来ることをして、病気に強い体を心を作っていきたいと常日頃思っています。
だから健康本も読みますが、トンデモもあるのでなかなか…健康本は難しい。

だからこそ、一般的に言われてる健康につながる事は最低限やって
その上で+αを考える形で健康習慣を作っていきたいと思っています。

まとめ

心気症に悩むくらいなら出来る事を。
これがボクが心気症と戦うスローガンです。

悩むくらいなら病院へ をまず実行して
なんでもなかったならもう悩む事が無いように
健康習慣を身に着けてみてはいかがでしょうか。

ちなみに習慣化にはTodoist等の
タスク管理ツールがオススメですよ。