味噌汁のように生きる

書評レビュー中心の雑記ブログ。仕事術とか健康関連の本を読む事が多いです。

お金で自己実現は出来ないんじゃないかな

f:id:gobo05:20180119231417p:plain:w500

お金で自己実現は出来ない、と思うのです。

自己実現ってのは所
他人からの評価ではなく
自分自身による自分への評価だから、
金で手に入るものでは
自分を納得させる事が出来ないはず。

一瞬は騙せるかもしれないけど
結局気づいてしまう。

「これはお金で買えるものだし」と。

なぜお金に縛られているのか

僕達人間はなぜお金に縛られているんでしょうか。 と考えるとお金の正体が見えてくるはず。

お金そのものが好き なんて変人以外は
お金は価値交換手段でしかないですよね。

という事はお金ではなく
それを手に入れた後に欲しいものであったり
やってみたい事をやるために使う。

でもそれ本当に必要なものですか?

結局最後は自己実現欲に悩まされる

現在、仮想通貨バブルで大金を手に入れた人が
沢山いるようですが。

お金で自由を手に入れた彼らは何をするのだろうと、
日々考えます。

まぁボクも買ってるんですが、
さすがに億とかそういうレベルではなく
少々含み益が出てるような状態。
(購入の理由は単純にブロックチェーンに興味があったので…それについてはまた後日書きます。)

でも自由って仕事から解放されることなんですかね?

お金でできる事をやり尽くした後、
彼らは何をするのだろう。

ボクは最後は自己実現欲に悩まされるのではないかと思っています。
それは別に、投機であぶく銭を手に入れたからどうこうと
つまらない説教を垂れるわけではなく。

本質的な人間の欲望ってのは
マズローのいう通りそこにあるのではないかと思っているからです。

自己実現は仕事で達成するのが早い

自己実現は仕事で達成するのが早いと考えています。
だから仕事をやめるな。という話ではありません。

仕事ってなんだ、と考えた時
おそらく多くの人達が生活費のために働く事だと考えているでしょう。
それは飽くまでも仕事の一つの側面に過ぎません。

仕事=生活のため
だと、仕事は嫌なものですが。

仕事というのは世の中に自分が提供できる価値を提供する事です。
つまり。自分ができる事で世の中に影響を及ぼす行為であると
ボクは考えています。

ボクは自分で事業をやっている人間なので
やらされる仕事というのは一つも存在していません。
すべて自分で決めて行っています。
なので、選択をミスすれば
収入が減ります。

その選択ミスとは「世の中に自分の価値を認めてもらえなかった」という事です。
作品を作った時にその価値が世の中に認められない
それは誰の心にも影響を与えない、誰の生活にも影響を与えないという事です。
個人事業主というか、クリエイターにとって
作品の価値とは単純にお金ではなく
人との対話だと思っていますし
これはおそらくどんな仕事でも、少なからず
お客さんとのコミュニケーションの成立が仕事の成果となるはずです。

お客さんが困っている事を解決したり
喜ばせたり、笑わせたり、感動させたり
給料、報酬とはその価値がお金に転換されたものです。

つまり、仕事で収入を得るというのは
往々にして、自分の価値が世の中に認められた事を
資本主義的価値観で示したものに過ぎないのです。

お金がアレば確かに
嫌なことはしなくて済みます。

でも。
きっと自己実現の欲は残る。
その欲を解決するには仕事をするのが一番早い。

楽しい事をすればお金も入るし、自己実現もできる。
ぶっちゃけ一石二鳥。

お金があっても解決されない欲があるのなら
最初からお金の事は無視して
自己実現に全力つくしておけば、お金も自然についてくるんじゃないかって
そんな事も思うんですが。

どんな事でもマネタイズしないとお金にはならないし。
そこの所はやっぱり厄介。

最近OfuseとかOsushiとかってサービスでクリエイターなりに直接投げ銭をするサービスをTwitterで見かけました。
面白い事をやってる人に
中間搾取なしでお金が回ってく仕組みが出来たら
もっと世の中面白くなるのになって思うんですよね。

そして消費する側に回るか
作る側に回るかで人生の生き方が変わってくる。
どちらでも楽しければいいんだけど。
誰でも何かしらは作れるし、作る側でいることは
自己実現欲を恐ろしく刺激するから、楽しいですよ。

来るべきAI時代。目先のお金を稼ぐ事よりも、
もっと自分の価値を高める事に注力していきたいですよねぇ。

「死」「愛」「金」の中で「金」だけが異質である。

ども、SANKAKUです。

億男、読みましたというか、
Febeで聞きました。

最近、こっちの業界でも
原稿料がなんだのかんだのと
Twitter上で話す作家さんが増えてきて
金とはなんぞや、なんて事を考えてまして。

そんな折、億男という小説を見つけたので
聞いてみる事に。

んでその感想。

続きを読む

彼氏の携帯を見るという鬼畜行為

f:id:gobo05:20170412101648p:plain:w500

どうもSANKAKUです。

先日実家に帰ってる間に
テレビで彼氏の携帯を見る見ないの話をしていて
ふと思ったのでそういう事をつらつらと。

単純にプライバシー侵害ありえない。

まず大前提として
ボクは彼氏の携帯を見ちゃう女性は無いと思っています。

理由は単純で
自分の不安感を解消したり、好奇心を満足させるために
他人のプライバシーを侵害するなんて
もはや頭が狂ってるとしか思えないから。

単純に
逆だと考えてください
(なんでこれ男性が携帯を見られるって設定なのかは
よくわからないけど
よくこの話が出るケースでは
女性が男性の携帯をって話になるので
女性が見るって前提で話を勧めますが。
逆も然りですよ。 )

で本当の意味で逆に
たとえば、なんらかの欲を満たすために
男性が女性に対してプライバシーを侵害するような行為をすれば
大体犯罪ですよね。

まぁわざわざ書きませんけど。

問題は自分のメンタル

そもそも
精神的に問題があるのは自分の方、ですよね。

不安感が拭えないから携帯を見てしまおう。
彼氏が何をしているのか興味があるから見てしまおう。

怖い怖い怖い怖い!!!

感情を抑えられないのは脳に問題があるので
マインドフルネス瞑想でもしてください。

自分の欲を解消するために
他人のプライバシーを侵害したり
知られたくない事を知ろうとする行為は
簡単に信頼関係をぶち壊してしまいますよ。

まずは自分の問題なのだと
考えを改めてください。

隠し事が無いのは本当に良いこと?

隠し事が無い事って本当に良いことなんでしょうか。

隠し事とは、知られたくないから話せていない事ですよね。

それは本当に彼氏にとっての利益で、彼女にとっての不利益なのでしょうか。
知られる事で、両方にとって不利益となる事もあるはずです。

信頼しあっているからこそ、隠しておきたいこともあるはずです。

良好な人間同士の関係とは
すべてオープンでいる事が良いのではなく
良好に付き合っていくために
お互い触れられたくない部分に土足で足を踏み入れない関係なのではと
ボクは思います。

浮気への疑念

別に浮気を擁護してるわけでもなく
浮気は駄目だと思います。

生物学的にとか、経済的な事を考えると
別に一夫多妻でも良くないかとボクは思いますけど
それはボクが結婚という選択肢を人生からはずして
恋愛をもう10年近く遠ざけて生きているが故に
自分がそうしたいという、やましい気持ちではなく
その方が社会にとって利益ありそうだなぁくらいの感じで
思っているだけですが。

浮気は携帯を見るのと同様
相手を裏切る行為なので
ぶっちゃけどっちもクソだと思います。

しかし、
ただの疑いで相手の携帯を覗いたが最後
それは先手を打って相手を裏切ってでも
自分の利益を優先したいという感情の現れです。

浮気行為そのものは男の罪でも
浮気行為への疑念は彼女側の心の問題です。

メンタルへの対処が出来ればその感情を制し
正しく、対面で話ができるはずです。

こそこそ隠れて相手の信頼を削ぐような行為を行っていて
たとえ浮気がなくても
そんな行為を繰り返す事でしか
疑念を剥がせないのだとしたら
間違いなく長くは続かないので
早々にお別れする事をおすすめします。

あなたは彼氏を愛しているのではなく
彼氏に愛されている自分を愛しているのかもしれません。

愛もお金も
与えるものが最後に得るものが大きいそうです。

もし本当にそういった疑念があるなら
携帯を見て解消するのではなく
愛情を注ぐ事で 本当の意味で彼氏に愛してもらってはいかがですか。

そんな薄っぺらな不安定なものではなく
一日一日の積み重ねですよ。

愛もお金も技術も経験も。
積み上げるからこそ意味があるのであって
「悪さ」によって得られるものではありません。

お金の執着から解放されるために

f:id:gobo05:20170411225909j:plain:w500

どうも。SANKAKUです。

2018年に入り、どう生きればもう少し楽しく
人生を生きていけるのか、考えてみました。

その結果、まずお金と仕事を切り離してみれば
もっと楽しく仕事できるんじゃないかと思ったのですが、
いかんせん、お金は生活と直結している。
仕事はお金のためにしたくないが、お金が無いと生活ができないから
お金のために仕事をするという側面は捨てきれない。

ならば生活とお金の接合部を
もう少し少なくできないだろうか、なんて事を考えてみました。

続きを読む

「がん」にならない方法を教えてください。を読んだ

どうも、SANKAKUです。

先月体調不良で悩んでた頃に読んだまま
レビューしてなかったので軽くまとめます。

続きを読む